お金と自動車保険の関係

新規で自動車保険に加入する場合の選び方

免許を取って自動車を買ったら行うのが、自動車保険に入ること。最近は実に様々な会社から自動車保険が販売されていますから、初めて自動車保険に加入する…と言う人は、どれにしたら良いのか迷ってしまうかもしれませんね。自動車保険の一括見積もりサービスなどを利用して、とにかく一番安いところを!と探すケースは多いと思いますが、ただ安いからというだけで決めてしまっては後から後悔することになりかねません。
自動車保険には大きく分けて店頭もしくは担当者に自宅に来てもらうなどして直接申し込みをする代理店型と、ネットの申し込みのみで完了する通販型があります。通販型は補償内容が悪かったり、万一事故に合った場合に示談の交渉力が心配な人もいるかもしれませんが、補償内容や事故後の対応については通販型だから悪いということはありません。むしろ、通販型のほうがネット割引などがきくほか、代理店手数料がかからない分安く済むことが多いのです。
ただ、保険のことは良くわからないとか、担当者に直接色々と相談したいという場合は、代理店型のほうが安心ですね。もちろん自分で補償内容のことなどもじっくり調べられるという人は通販型で良いでしょう。自分の好み、どのような対応を希望するかで決めるのがベストです。

新規で自動車保険に加入する時の節約方法

自動車を購入した人の大半が加入している任意自動車保険ですが、自動車を購入し、ディーラーに勧められるまま保険に加入するケースも多いと思います。しかし、できるだけ保険料を安く済ましたい人や手当てを分厚くしたい人は自分で新規の自動車保険を探す方が良いでしょう。初めて自動車保険に加入する場合、ノンフリート等級が低いので保険料が高くなってしまいますし、年齢が若ければ年齢条件を限定できないケースでも保険料が高くなってしまいます。そこで、保険料を節約するポイントがあります。
それは「車両保険」です。初めて購入した自動車なら「事故や単独で車をぶつけてしまい、直してもらいたいから」と加入している人もいると思います。しかし、自動車保険の保険料が高くなる理由はこの車両保険にあります。車両保険を加入しているかしていないかで保険料は倍近く変わってくる場合もあります。新車で購入した場合は加入している方がいいかもしれませんが、中古車で購入した場合は注意が必要です。車両保険の補償上限は、加入車両の時価額になります。年式が古いことや走行距離が多いほど時価額は低くなるため、無理に車両保険に加入する必要がないケースもあったりしますので、新規で自動車保険に加入する場合は、車両保険を加入するか慎重に検討する方が良いでしょう。